女もセフレが欲しい!やりたいことを思いっきりやろう

「花の命は短くて」という言葉にもあるように、女性が綺麗に咲いた花でいられるのも男性と比べると、不公平ですが短い物です。

年齢とともに、体力や見た目の若さが衰えていくのは男性も女性も同じですが、こと女性に関しては結婚・妊娠・出産と、若ければ若いだけ条件が良いというのが実情で、男性のようにいくつになっても子作りは出来るという訳ではありません。

最近の女性は、仕事も恋愛も同時に手に入れている方が多く、むしろそれが当たり前、そこに育児も合わせた女性なら誰もが一度は欲しいと願うものすべてを手に入れたいと思う方が増えています。

実際、周りを見渡してみても仕事をしながら子育ても家事も完璧にこなしている素敵な女性があまりにも多いことに気が付きます。
そこには、大変ではあるけど毎日を充実しながら過ごしている素晴らしい女性たちの姿があります。

女性ですからいくつになっても若く見られたい、綺麗でいたい、男性から少しはちやほやされたいと思う気持ちがあって当然でしょう。
でも、何もしないでそれらのことをすべて叶えられるわけではありません。
やはり、そこにはなんらかの努力の証があり、輝いている女性たちは自分の欲しい物を手に入れるための努力は惜しまないのです。

女の一生は意外と短い!欲しい物を手に入れるための生き方を今一度考えてみませんか?

だから、いろんな男と遊びたい時には思いっきり遊ぶのが大事なんです!!

■自分の体をよく知ろう!子供が欲しいと思った時が妊活の始め時

近年、様々な男女のあり方というものが見直され、今の時代は結婚はこうあるべきとされながらも、その在り方については人それぞれの価値観で成り立っていて良いのではないかという見方をされる時代になってきました。

昔は女は結婚したら家庭に入って夫の為、子供の為、家族の為にこうしなければならない、ああしなければならないなどと我慢をしいたげられた時代もありました。

しかし今は違います。男性が家事全般をして女性が外で仕事をしている家庭も年々増えつつありますし、別れた彼氏や夫の子供を一人で育てたいとシングマザーを自ら選択して、仕事をしながら立派に子育ても両立させている女性たちも数えきれないほどたくさんいます。

恋愛や結婚は自分自身で掴み取る!そうやって女性たちはどんどん自分の生き方を自分自身の力で切り開いていく時代になりました。
そして、女性ですからいつかは子供を産みたいという希望を持っている方も多いでしょう。

恋愛や結婚は、いくつになってもしようと思えば出来るのですが、悲しいことに妊娠・出産だけはいくつになっても簡単に出来るというものではありません。

若いころは漠然と簡単に考えていた方も多いであろう、この妊娠・出産。
相手もいて、いつできてもいいと思っているのになぜか妊娠できない、そういう現実を目のあたりにしている人はあなただけではありません。
年々増加傾向にある「不妊症」不妊治療に通っている女性があなたの周りにも必ず一人や二人、いるはずです。

この現実を考えると本気で子供が欲しいと思った時が妊活を始めるタイミングなのです。

例え彼氏や相手が今はいなかったとしても、いつそういう相手が現れて、結婚、ということになっても良いように、自分の体のことをきちんと知っておくことは、大人の女性として当たり前の事なのです。

そのためには婦人科系の健康診断や検診を面倒くさがらずに受けて、自分の体の不調や、本当に将来妊娠が出来る体かどうか、調べておく必要があります。

いざとなって慌てたり焦ったりしないように、定期的な婦人科検診こそが「妊活」の忘れてはならない第一歩だと言えます。
最近の女性に多い、生理不順や子宮、卵巣の病気もこうした婦人科検診を怠らないことで改善されるのですから、若いからと言って何もせず野放し状態でいるのはよくありません。

いつかのために自分の体のことをよく知っておくことが大切です。

■成り行き任せではなく、自分自身でライフプランを立てることも重要

恋愛をしていると、このまま私たちどうなっていくのかな?と漠然と考えるときがあると思います。
もちろん、男と女ですから色々なことが起こりますし、今お付き合いをしているからといって必ずしも結婚するとは限りません。

希望と不安が常に隣り合わせで、少し付き合ったくらいでは先の事なんて本人同士もわからないのが普通かもしれません。
それならば、自然と成り行きに身を任せようという発想の人が圧倒的に多いと思いますが、一歩間違えると自分の人生もすべて他人任せの他力本願になりかねません。

最初は成り行き任せでもある程度は良いでしょう。でも、この先結婚して子供が出来たら彼は家庭に入ってほしいと思う人なのか、それとも女性だって子供が出来ても外で仕事をしていい、して欲しいと考える人なのか、自分自身の考えはどうなのか、そういうことはちゃんと考えたり話し合ったりしておくべきだと思うのです。

子供の事にしても同様です。結婚して数年は新婚生活を楽しんで、そのうちに赤ちゃんが出来たら産めばいいなんて気楽に言いますが、実際にそうやってうまくいくとは限りません。
年齢の事も考えて、いつごろまでに赤ちゃんを産みたい、産む、くらいは最低限ライフプランとして考えておくべきです。

そして、相手がいれば勿論、相手とも一緒に考えてきましょう。言葉に出して言わなくても相手もきっと同じ思いでいるだろうなんて思っていたら全然違ったなんてことはよくあることですし、男と女では根本的に違うのですから話し合いは絶対に必要です。

ただ、一度、こうしようと決めてその通りに行かなかったとしても落胆することはありませんし、途中で何かがあればまた軌道修正すれば良いのです。人生は何度か局面を迎えるのが普通ですし、大まかに決めておくのは大事ですが、そのプランに固執し過ぎるのもよくありません。

小さいころから「目標を持とう!」と言われたように、要するに人生設計の中でいくつか大きな目標を掲げ、いつまでにしようという目標を作ればよいのです。

そうすることで日々の生活にもメリハリが出来ますし、何も考えずだらだら生きているよりよっぽど実のある生活が出来るでしょう。
相手がいるなら意見の衝突も度々あるでしょうが、それは仕方のないことです。
お互いにどうする事が一番お互いにとって幸せなのか、そういうことへの意見の衝突ならどんどんするべきです。

10年を一括りにして昔を振り返ってみたとき、あのときこうしたいと思ってしてきたら、その通りになって今があるし、本当に良かったと思えるように、成り行き任せではなく、ライフプランを考えることは自分が欲しい物を手に入れるために必要なことなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ